無料ブログはココログ

« ワシに言われても | トップページ | ラフストーリーは偶然に »

2007年11月22日 (木)

オラのブログ論

shiozyさんから投げ掛けられた、ブログとは何ぞや?論。

時間はたっぷりあるんで、便乗というか、オラのブログ論も書いてみようかなあと。

オレッちにとって、文字は飯のタネであり、そして最大の趣味。

あちこちで文章を垂れ流してるけど、「ダジャる」になるこのブログだけはいきあたりばったり。

書きながら考え、オチがなくてもそのまんま。

疲れて眠いなあ、書きたくないなあと思ったら書かないし、書きたいときにはとことん書く。

ほかのとこに書くときより文章が雑だし、誤字に気付いてもほったらかし。

「ダジャる」が書くブログは、自分勝手で独りよがりです。

この独りよがりなブログは、広島ブログの内へ内へと発信中。

別で運営してるブログから来た人、ラムちゃんを除けば、外への広がりはほぼゼロといってもよいでしょう。

つまり。ダジャるのブログの世界イコール、広島ブログのコミュニティ。

最初はかなり警戒していたけど。

今では「なんでこんなにいい人ばかりなん?」と、びっくりしゃっくり驚きます。

特に、入院したことでその思いを強くしましたね。

お見舞いの席で、ほぼ初めてまともに会話を交わした人も。

ブログを読んだことがあるというだけで親近感が沸き、見舞いにまで来てくれるというのは、広島ブログの信頼度の高さの証明だと思いますね。

ランキングの体裁をとってますけど、順位競争より交流メインに考えている人も多いんじゃないかなあ。

ブログは交流の入口。

ブログ論というより、広島ブログ論みたくなりましたが。そんな感じ。

バーチャルよりリアル重視にシフトしてますね。

とりとめもないんでこの辺で。

« ワシに言われても | トップページ | ラフストーリーは偶然に »

コメント

そう?違うと思うけど・・・・

シシマルさん
そう? 違うならそれもまた真なり、かな。
ま、人の気持ちには色々ありますいね。ポジティブシンキングでいきまっしょい。

ワタシのブログは
お知り合いや身内への近況報告。

おかげさまで、楽しくやってます。というメッセージです。
それでいいかな。恥ずかしいけど論じるに値しないブログですねぇ。

シシマルさんの気持ちわかるなぁ。ラムにとってはいい人ばかりではないわ。ダジャるっちは恵まれてるといったところだね。これからもみんなに愛されるブロガーでいてください。

落ち込むことがないわけではないけど、楽しいと思えるブログ。
ダジャるさんの処はほんわかしている上におもしろいから、みんな集まると思います。
私の場合、伝言板代わりかな?特に役立つ情報もなく、盛り上がる話題もなく。。。
リアルにも移行しつつあります。
この年にしてこんな人間関係が作れるとは思わなかった。不思議です。

広島だけじゃないですよ。
石川県からも読んでますよ。

女社長の・・・さん
いえいえ、身内へのメッセージは大切なファクターですよ。
遠く九州に住む甥は、オレッちがタバコやめたとか、遊びに行ったとか、親戚中の誰より知ってます。理由は、オレッちのウェブ日記を全部読んでるから。
入院中の情報は、mixi経由で妹が実家に伝えてくれてます。細かいことを電話したりする手間がいらないですね。
オレッち自身も、ネットで近況を知る友人がいっぱいいますもん。

ラムちゃん
まあそりゃ、オレッちにとっても全員が見方ってわけじゃないですよ。明らかに敵意を向けてくる人とか、関わりあいたくないオーラを出してる人とか、当然ながらいらっしゃいます。
けど、それはそれだと思いますよ。原因はオレッちにあるのであって、ブログ論とは違う次元かな、と。価っ値ゃんのアポなしブログ訪問は、この考え方と近いんじゃないかな。

あーとさん
いやいや、あーとさんの方がよっぽど、ほんわかと川柳を発表しながら、近況も分かる温かブログだと思いますよ。
まあ誰だって、明るいときもあれば落ち込むときもあります。このブログではそんなん自分の気持ちはとりあえずにして、くだらないことをヘラヘラ書くことによって、気が晴れるような「ナニか」が出せればと思っているのですけど。難しいものですね。

サブローさん
おぉー、そうですね、北陸からも参戦いただいてましてありがとうござりまする。
オレッちの発信形態として内向き気味なだけて、外からいらっしゃるはハッピーカムカムですもん。くだらんことばかり書いてますけど、よろしくお願いでっす。


追伸。
ラムちゃんへの返信中「見方」は「味方」ですわい。誤字はほったらかしが多いんですけど、文意が変わりそうなので。

おっ、えらくまじめな内容だねえ。(笑)
入院して、毒気が抜けたかな?

shiozyさん
にゃははっ、毒が抜けたというか、元々、毒にも薬にもならんことを書いてきましたからね(苦笑)
ただ、淡々と入院生活を送っているようでも、病床に独りでいれば気分が凹むことはありますし、お見舞いや励ましの言葉は、砂漠にまく水のように染み込むんですよ。そんな意味では、普段より素直な(笑)、柔和な顔のオレッちになってるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワシに言われても | トップページ | ラフストーリーは偶然に »