無料ブログはココログ

« 呪いの・・・ | トップページ | 隊長!…よし、隊員です。 »

2007年11月26日 (月)

明日わたしは旅に♪

明日わたしは旅に♪

明日27日、退院することにしました。

最後の決断は自分。ギプスはそのまま、着けたまま。

ここ数年、よく使われるようになった「自己責任」というやつですな。

・・・

松葉杖は電車の中とかで邪魔なので、片手杖を買いました。

高級品なんで、高いんですよ〜〜

驚いちゃいかんですよ。ナント税込み・・・105円。

恐るべしダイソー。

丈夫で、しかも普通に使えるのが素晴らしい。

とりあえず、ご報告まで。

・・・

愛のワンクリはこちら。

・・・

完治はまだです。カンチといえば「セックスしよ」の名台詞が思い出されますが、今はそれどころでは・・・

今日、センセに言われました。

「骨折が治る薬なんてありませんよ。自分の荷重を掛けていくことで、歩ける足になるんです」

だよねー。「治すのは自分」って言うセンセイ。なんかいいなぁ。ブラックジャックを思わせるクールさ。

時期的にいうと「まだ半分」だそうな。

気長に治してくしかないね。

クリスマスごろには完治のはず。

« 呪いの・・・ | トップページ | 隊長!…よし、隊員です。 »

コメント

おっ!おめでとうございます(^O^)/
松葉杖、貸与じゃないんですか?私は貸してもらいましたよ。
安く買っても、使わなくなった後が困るんですよね~。ダジャるさんなら小道具に使うから、いいっか。

とりあえず、おめでとうございます。

ボーナス支給日までに会社に復帰できて良かったですね。(笑)

もう少ししたら雪も降るかもしれませんから、
お気をつけね。

文月さん
ぶっコケて運び込まれた日に保証金(5000円)を預けたので、松葉杖は持って帰ってもいいんですよ。ただ昨日、人込みを歩くテストをした結果、松葉杖は場所取りで邪魔になりやすいことが分かっので、片手杖を買いました。足で歩くのが基本、転ばないよう支えるぐらいの感じだから大丈夫でしょう。
不要になったら、オフ会の小道具に持って行きましょうか?(笑)

やんじさん
どーも、ありがとうございます。入院したころは、昼間は汗ばむぐらいに暖かかったけど、今はコートが欲しいぐらいの寒さ。確かに、もう雪の心配をする時期なんですね。
ボーナスといえば、先日にゃにぃさんと話題になった入院ボーナスの保険金。普段は保険の掛け金ってもったいないなあと思っているくせに、入院してみると、もっと掛けとくんだったと思う現金さ。
競馬のレースが終わった後、「もっと買えばよかった」と思うのと似てます。入院ってギャンブルだったのか・・・

おめでとうございます!
退院ってうれしいですよね。
二男が1週間入院したとき
ずっとつきっきりで病院にいたので
退院が決まった時には
「やった!外の空気が吸える!」って
すごくうれしかった記憶があります。

おめでとうございます。よかったですね。
即出社ですか?
杖はうちの母に言わせるとけっこう手が疲れるらしいです。
気をつけて。。。
それと保険、通院特約はついていませんか?
請求できるものはもらいましょう~。
ボーナス、という言葉、うちでは禁句です。

ひとまずおめでとうございます♪
溜まっていた仕事で今度は違う病気になら無いようにお気をつけくださいましね。

ついに  シャバですか・・「お勤めご苦労サンでした」
しばらくは 不自由でしょうが・・・。しっかり 治してくださいませ。
 
競馬と 同じに扱わないように。

えっ!退院するの?聞いてナイヨ〜
(@_@)
ピロミはどんどん『独りぼっち』になっちゃう〜!!…ちゃびちーよー(;_;)
せっかく、一緒にケーキ食べて…年越しソバ食べて……

犬U^ェ^U もだ『じゃる』も…みんな卒業していくんだね!
つーか、アタイも早く退院した〜い!

退院決定おめでとうございます!
まだ完治ではないとのことなので、
あまり無理をされないよう、しっかり
治してくださいね^^

「兄貴 お勤めご苦労さんです」と
出迎えには行けませんが、まずは第一歩。
おめでとうございます。
明日からは 高級スティッキが友ですね。
明日の夜には久しぶりに・・・・・・ですかね。

退院、おめでとうございます。
まずは取り急ぎ、お祝いのお言葉を。
続きは、OB会のときということで。
当日を楽しみにしています。

退院★☆オメデト☆★ヘ(。・・ヘ)(ノ・・。)ノ★☆オメデト☆★
100均であるよね~
うちの次男も二年間松葉杖。。
二本になったり一本になったり
1月に最後だと思うけど手術します
はやく良くなってその杖になったら良いな~♪
リハビリ頑張ってね

退院おめでとうさんです

今日は最後の晩餐ですね

おもいっきし弾けてくだせえ 笑

で、今度の土曜日悪の道に参加しませんか?


もう飲んでも大丈夫でっしゃろ〜 (^o^;

退院おめでとうございます♪
しばらくは多方面でおとなしくしているのが賢明かと・・・・(笑)
リハビリ頑張ってくださいね~(ハアト)

なほさん
ありがとうございます。
オレッちの場合は、入院中もトレーニングで外の空気を吸ってましたからねぇ。ずっと安静で入院している人だと、外に出るのは喜びでしょうね。
はしゃぎすぎないよう、自制せねば。

あーとさん
ありがとうございます。
退院から一日空けて出社する予定です。食べる量が増えて、ズボンのベルトが締まらなくなってるんで、弱ってます(苦笑)
足はギプス履いたままで太いし、腰周りも足もガボガボのズボンが必要ですね。
保険は通院もオーケーのやつに入ってますよ。額はたいしたことありませんが、多少の足しにはなりそうです。

みかぼんさん
休んでいる間に溜まっている仕事ってどれぐらいあるんでしょう・・・
いないうちに、周囲の人がなにもかも片付けてくれてる・・・ってことはないか(汗)
仕事で体を壊すことはないでしょうから、ゴリゴリやるべきことを進めていきまっしょい。

にゃにぃさん
シャバといいますか、オレッちの場合は軟禁だったんで、外の空気の味は知っとりますけえのぉ。
ケーバといえば、入院前に電話投票口座に入金していなかったのが残念でした。ケーバの予想は頭の体操になるし、時間潰しにも最適ですからね。

ぴろみちゃん
せっかく仲良しになったのに、出会いには必ず別れがつきものですもんね。ぴろみちゃんは、クリスマスも正月も、病院で過ごすつもり?
この病院は食事のレベルが高いから、元日はお節料理が出るかもね。ご馳走が出たら写メールくだちゃい。

きんちゃん
ありがとうございます。
センセの話だと、完治は1カ月から1カ月半は掛かるんだそうです。プロ野球選手だと、これぐらいの骨折だったら骨が付く前に試合に出てる人もいますもんね。自分が骨折を経験してみると、「鉄人」と呼ばれる選手のすごさを再認識します。だって、足踏みするだけで泣きそうな痛さなんだもん。

「だじゃるの 意気地なし」

「だじゃるの足は もう治っているのよ」

「ばかー」

  走り出すハイジ

「待って ハイジ」

「待ってよー」

   立ち上がり おいかけようとするだじゃる


「ああっ だじゃるが 立ってる」

「わーい わーい だじゃるが立った だじゃるが立ったー」

「ハイジ 私 立ってる」

「私 立ってるよー」

と ゆうわけで

退院記念に 

だじゃる&ハイジで

ミニコントを しましょう

LUFTさん
たいした務めはできなかった3週間でしたが・・・
明朝には妻が息子と一緒に迎えに来てくれる予定です。
夜の予定? そうですねえ、一番楽しみなのは風呂かな。待ってろ湯舟。次は晩酌。ゆったりとリラックスして一杯やります。そしてもうひとつ、パソコンからブログ巡り。ケータイでは表示しなかった写真などをあらためて見たいですね。

ちくりすたマリオさん
どーも、ありがとうございます。
OB会は、非公式部門? 公式OB会は既に欠席で返事しちゃいましたからねえ。
というか、11月は仕事に大きく穴を空けてしまったし、そもそも12月はスケジュールがタイトなので、なんともいえないですね。二次会、三次会から合流という手もありますけど。

おめでとうございます~^^だけど 気をつけてくださいね。いくら自己責任と言えど1度の失敗がえらいことになりますから、、ねv 負荷のかけ方だけでもリハビリした方がいいと思うんだけどな~心配ですよ。呉々も大事にしてねv

マドさん
ありがとうございます。
オレッちなんかより、息子さんは大変ですね。早くよくなって、片手杖で歩けたらいいですね。
昨日は松葉杖で電車に乗ったのですけど、好奇の目で見られるだけで、席を譲ろうとする人って皆無でした。オレッちも以前はそういう人間だったもんなあ、と反省してます。
「他人の痛みを分かるように」といいますが、自分が痛い目に遭わないと気付かないことも多いものです。

HEYほす
最後の晩餐、メニューはホタテのホイル焼きでした。
退院してお酒を飲むのは大丈夫だと思うのですけど、酔って千鳥足になるのはヤバいこと、週末の仕事の予定がまだ分からない、っという問題がありマッスル。
予定が合えば、例の場所でお会いしましょう。

sanaさん
どうもありがとうございます。
そうですね、相撲でいえば謹慎開けの朝青龍みたいなもの(?)ですから、なるべく大人しく過ごした方がいいかもね。
忘年会シーズンが本格化しますけど、まだ忘れられないことばかり(汗) カンバリまっす!

ばつぐんさん
あはは、ハイジさんとの小芝居は面白そうですね。ハイジさんも乗ってくれるかしら?
・・・っていうか、マジレスしちゃうと、ここ数日のオレッちは、意気地があり過ぎなんですよー。いっつもリハビリの散歩に出掛けるんで、看護婦さんが「またいないっ」て言うてたみたい。ちゃんと、外出届けをしてたはずなんだけど・・・

おっちょこおばさん
ありがとうございます。骨折の先輩からのアドバイス、しかと受け止めさせていただきました。
固定ギプスを履いたままで身動きも不自由なので、無理をすることはないと思いますけど、二次災害にならないよう、十分に気をつけなければいけませんね。

退院おめでとうございます!
いよいよですね。
でも、ブログのおかげで 退屈な入院生活ではなく、刺激的な入院生活を送れたのでは ないでしょうか?

そもそもHNだけで 本名を知らずにお見舞いに来ることって ありえませんから。さぞや有名人になったことでしょう。

娘も ほんのちょっと欠けた程度の疲労骨折でさえも1ヶ月近く 痛みがあったので、ポキンとなっちゃったダジャるさんは 相当大変なのでは?
退院しても リハビリ頑張ってくださいませ。

おめでとうございます♪
退院が嬉しくてスキップして転ばないようにね~
忘年会の前に退院するなんて
さすがです!!

いよいよ退院なのですね。おめでとうございます。
なんかいきなり仕事もフルでやっちゃいそうなダジャるさん・・・ぼちぼちとやっていってくださいね~。
杖ナシで新年を迎えられるように、大事にしてくださいませ♪

しかしダイソーに杖まであるとわ・・・ほんと恐るべし。

ダジャるさん退院おめでとうございますーー(^-^)/
おいしいもの食べてあったか我が家をお楽しみくださいませ~♪
お休みするとお仕事する気持ちもリフレッシュできそうですね。
無理されず頑張ってくださいね♪

退院おめでとうっス!!寒いから気をつけてくださいね!僕なんか病院の前でコケそうになり車にひかれかけました…笑 油断は禁物ッス!敵はどこに潜んでるかわかりませんよ(・ω・;)(;・ω・)キョロキョロ

メールにかいた通りよん(*^_^*)

退院おめでとうございます。
私は10年間整形外科の医療器械の営業をしておりました。
骨折治療材料も扱っておりました。
骨折したレントゲン写真もよくみておりました。
でも自分は骨折した事はないです。
考えると恐いです。
早く治るといいですね。

チェリーさん
どうもありがとうございます。
ほーんと、皆樣方のおかげで、退屈することなく、入院生活を送ることができました。見た目は普通ですから、ただ自堕落なだけのおっさんに見えたかもしれないですね(笑)
普通の生活を送ることがリハビリ。無理しないよう、楽しないよう、やっていきたいと思います。

音♪さん
どーもー、ありがとうございます。
音♪さんのおかげで「ダジャるって誰?」っていうのが、看護婦さんたちに広がってしまいましたよ(苦笑)
スキップはしないやう、ステッキを頼って歩いていきますわ。忘年会? ふふっ、待ってろよ、アルコール諸君。

しいたさん
ありがとうございます。
いきなりフルで仕事? オレっちってそんなに仕事人間のイメージなんですかぁ? …って早速、今日から業務連絡の電話が入ってましたけど。。
たぶん、あと2週間もしたら骨はばっちりくっつくでしょうから、新年は杖なしで迎えられると思います。ただ、足首がちゃんと動かないと、車の運転ができない…。帰郷できるのやら、心配です。

yumilyさん
どうも、ありがとうございます。
今夜は久しぶりの我が家でご飯。メニューは…焼きそば、だそうです。意外と普通? ま、子どもたちと一緒にわいわいできるのは楽しみです。
若いころは仕事を休むと、ちゃんと復帰できるだろうかと、夏休みなんかでも怖かったけど、この歳になると、なんとかなるでしょと思うようになりますね。リフレッシュした気持ちで、リスタートです。

イヌさん
ういっす。イヌさんに引き続き、オレっちもシャバダバ〜に出ることになりました。ちょうど昨日、散歩のときにイヌさんのお迎えに会いましたよ。
道路の小さな段差でも、杖をついて歩いてるとコケそうになりますもんね。お互い、小さな敵に気をつけながら生きていきましょ。まさに、油断は禁物、西園寺公望でありマッスル。

ラムちゃん
どうも、ありがとうございます。
10歳と6歳の娘はパパをいたわってくれるのですが、1歳の息子には骨折なんて分かりませんから、遊んでくれよ〜とやいのやいの言うてきます。ま、それがかわいいのですけど(バカ親)
いただいたゲームはまだやり尽くしてないから、これからも挑戦していかないといけないですね。仕事ではなく、ゲームで寝不足になる年末だったりして^^;

サブロー 人生バックドロップ!!さん
おぉー、整形外科の医療機器の営業だったら、まさに今のオレっちが使う物を売ってるわけですね。ギプスの上から履くなんとかシューズってのを買わされましたよ。保険適用外、自己負担だそうで。事故だけに、まさに自己。
理学療法士のセンセも言うてましたけど、ご自身は骨折したことないんで、本当のとこはどれぐらい痛いのか分からないんだそうです。自分が経験してないから、「はいっ、ちゃんと右足を出す!」とか、厳しく指導できるのかも、と思ったり。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 呪いの・・・ | トップページ | 隊長!…よし、隊員です。 »