無料ブログはココログ

« 長浜屋を食す | トップページ | オフ会の宿題のために »

2007年10月28日 (日)

イベント? 好きですよ〜

キンコ〜ン。

土曜の昼下がり、玄関のチャイムが鳴ります。

下の娘「お姉ちゃんのお友だちなんじゃない?」

上の娘「うん、出る」

……

しばし無言。。

玄関モニターを見詰め、固まっている娘。

誰が来てるんだろ、オレっちも横からモニターを覗き見ると…

……

1

……

お面とか付けて、顔が分からない子どもが、うじゃうじゃ。

とっさにオレっち。

「なぐ子は、いねがぁ〜」って言葉が口から出てしまいますた。

……

「たぶん、友だちだ…」と言い残し、玄関へ向かう娘。

玄関からは、わいわいと数人の声とともに、

「ちょっと早いけど、皆で来ました」

…あ。お菓子を用意しておく波浪注意報、ハロウィンは10月末日だそうで。

↑愛クリします? ここの似顔絵は仮装してませんけど。。↑

実はね、オレっち。何の信仰心もないのに、こういう外国の風習を表面上だけ真似するのって好きじゃないんだよね。

お盆に灯籠流ししようぜ。

小正月にとんど焼きしようぜ。

何だったら、車のフロントグリルに小さなミカンと縄を括りつけましょう。

……

ほんっと、外国かぶれも、どこかで食い止めないとね。

あ、そうそう。

オレっちの大好きなアニメ映画は。

「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」です。ストップモーションアニメ史上、最高です。


↑「山田さんち」はこちらから。

« 長浜屋を食す | トップページ | オフ会の宿題のために »

コメント

前からだじゃるさんに聞いてみたかったんですが…
(以下、長文でスミマセン)

うちの実家(尼崎市)の一家は佐賀県出身
なんです。で、節分に独特の行事がありまして。

家の明かりを消して、豆と一緒にお金
(1万円~1円を半紙に包んだもの)をばらまいて、
家族で暗闇のなか争奪戦を繰り広げる-
のであります。

子どものころは、これが楽しみで
仕方がありませんでした。
よその家も当然やってると思っていたんですが、
小学校のときにクラスで話すと、
「変人一家」扱いされ、悲しい体験をしました。

これって、佐賀県の風習ですか(笑)。
ハロウイン…は、私も嫌いです。
これ以上、娘たちを虫歯にするのは嫌じゃあ~。

>ぶんぶんさん
どーも、こんちは。
うちは貧乏だったので、暗がりの中を這いつくばって豆を取り合ったもんです。銭より豆。2、3粒食べられれば「あぁ、今日も何とか生きていける」と思ったものです。
…っというのは冗談で(滑った?)。
そのような風習は聞いたことがありませんねえ。もしそれが佐賀の風習だったら、佐賀は変人県呼ばわりされることになってしまいますわ(笑)
家の棟上げのとき、お金を投げる餅まきという風習がありますけど、あれと似た薫りを感じます。

と。ぶんぶんさんは佐賀系二世なんですね。佐賀には本家があるとですか?

背振村にあるとです。
30年前に「ダムの底に沈むから」と
一家で訪問しました。
まだ、一向に沈む気配はありません(笑)

>ぶんぶんさん
福岡県境の山の方ですねえ。今調べたら、昨年春に合併して神崎市になってるようで。
ひょっとしたら、田園部と、背振山地では風習が違うのかもしれませんね。山の神と里の神は違うでしょうから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 長浜屋を食す | トップページ | オフ会の宿題のために »