無料ブログはココログ

« 一期作、二毛作、三部作 | トップページ | なぜマックなの?という質問 »

2007年5月14日 (月)

続・デロリアン号

昨日は母の日。

家族で買い物に出掛け、娘が「お母さんに花を買ってあげる」なんてアベな…殊勝なことを言うもんで、花店に着いて行ってやりました。

「これ、きれい!」

手にしようとした花は菊、一輪。

「まあ、母の日にはこっちがえかろう」と、そっとカーネーションの入ったバケツの方を指差しておきました。

母の日に菊なんて…。娘は父の言うことを、聞くもん。

……

さて。

私が社会人になって間もないころだから、90年代の前半。

たまたま車で送った友人宅のそばの中古車店に、デロリアンが雨ざらしで置いてありますた。

その日は暗かったので後日、昼間にもう一度、見に行きました。

デロリアンってのは、ボディーがステンレスなんれす。このこと、知ってんれす?

直訳すれば「さび無し」って意味のはずですけど、ステンレスは意外と面倒な素材です。

明るい中で見たデロリアンのステンレスボディーは、カピカピにヒビが入っておりました。

「これ、いくらですか?」

オレっち、勇気を出して店員さんに声を掛けました。

すると。

「はぁ? あー、どーじゃろ。整備した後、200万ぐらいかのう?」という生返事。

オレっち「どれぐらいで整備できるんですか」

店員「うーん。高く売れると思うて輸入したんじゃけど、よーわからんわ」

…値段も分からんような車を並べていたとは…。しかも、郊外の屋根無しの店だし…。

その時、店員がもっとプッシュしていれば、えいやっと購入していたかもしれないデロリアン号。

各地では定期的にオーナーのオフ会的なものが開かれていて、楽しそうだなあと思ったり。

噂によると、広島では2台のデロリアンが現存しているのだとか。

高速道路に入って時速90マイルで走ったら、タイムトラベルする方が先か、警察が来る方が先か、他人事ながら心配になるのでした。

ま、USJが出来てからは、デロリアンの本物をいつでも見ることができるようになりましたけどね。


↑「山田さんち」はこちら。


↑応援のワンクリは、こちらからよろ。

« 一期作、二毛作、三部作 | トップページ | なぜマックなの?という質問 »

コメント

今日の記事読んで布団の中で小笑いしてた私(^_^)v 娘さんたらウケるわぁ。流石ダジャるっちの子だわね!怖い夢みたあとだったから ホッとできる話しで良かったよ(*^o^*) そういえばあちこちでオフ会やってるみたいだね♪(*'-^)-☆ ダジャるっち・価っ値ゃん・マツシューさん・ひまちゃんでやればいいのに~(←まるで私は他人事f^_^;) ではまた~(*^-^)ノ

デロリアンって実在するクルマだったのですね。
あの映画のオリジナルカーかー?と思っておりましたです。
最後に観たのが・・何年前かしら。過去にタイムトラベルしてみんことには分かりませぬ(--;

>プリンセスラムさん
子どもの天然ボケはびっくりさせられることが多いですね。もしそのまま菊を買ったら、受け取った妻はどんな顔をしたことでしょう。きっと笑うでしょうけど。
オフ会はあちこちで開かれてますねえ。オレっちもホンキで主催してみようかしら? 深夜スタートとかだったら誰も集まらないだろうけど(苦笑)

>マツシューさん
オレっちも映画公開当時は実在する車だって知らなかったんですよ。直後に見た車雑誌でデロリアンを紹介する記事があり、あーそーだったんだあという感じで。
それを知った後に再び映画を観ると、マイケル・J・フォックスは、タイムマシンに驚くのではなく「あ、デロリアンじゃん、かっけぇー」というような台詞を言っていることに気付きます。

外見ボロボロのデロリアンが200万円・・・。高いのか、それとも安いのか。なんとも「微妙」な値付けですね。
10年ほど前になりますが、高知の中古車屋で赤いジュリアが80万円程度で売られていました。近づいて見てみましたが、案の定、錆が浮いていました。フルレストア覚悟なら、妥当な値段だったのでしょうか?

> Ciclistamarioさん
「ナンバーさえ無事だったら、F40でもなんでも全部作って差し上げますぜ」みたいなカロッツェリアは存在してるらしいので、「まず車体を手に入れる」ってのは大切かもしれませんよ。
オレっちが「200万で買った!」と言ったら、中古業者も性根入れて整備したかもしません。ちなみにそれから間もなく、「1000万円」の値付けでピッカピカのデロリアンが広島市内で売られてました。1000万円って、おぃっ!…。内燃機関が生きているのなら、200万円は安かったかも、と思うオレっちですた。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一期作、二毛作、三部作 | トップページ | なぜマックなの?という質問 »