無料ブログはココログ

« エロに隠された秘密とは | トップページ | ワルサー、グロッキー »

2007年5月11日 (金)

一日があと2、3時間…

「一日が24時間ではなく、あと3時間、いや2時間たくさんあればいいのになあ」

…こんなことを思ったことはありませんか?

オレっちはありマッスルよ。しかーーーし!!

時間のない現代人。一日があと2、3時間増えたところで、仕事時間が長くなったり、夜更かしして映画みたりするだけじゃあ〜りませんか?(←オレっちがしそうなこと)

そこで。新たな提案でっす。

「一日があと2、3時間、短かったらいいのになあ」と願ってみましょ。

なにぃ! 短くなったら困るじゃないかと思った人。そうでもないんですよ。

一日があと2、3時間短かったら、諦めがつきます。

「あれもしたい、これもしたい」という考えから「あれはやめとこ、これだけはやっとこ」に変わりますよ。

この理論を、

「一日が2、3時間短くなったら、もっと効率的に生きていかねば、イパネパと考える理論」

と名付けましょう(←そのまんまやん)。

意外と、有効?かもよ。


↑お口直しには「山田さんち」がお勧めです。


↑今日のエントリは、ブログ更新が午後にずれ込んだ自分へのエクスキューズを込めて。てなわけで。今日も愛のワンクリックをよろ。

« エロに隠された秘密とは | トップページ | ワルサー、グロッキー »

コメント

1日があと2、3時間長ければ眠れる時間も
長くなるのに・・・、なんてことをよく思います(^^)

でも、ダジャるさんが言われるように、1日が
今より長くなったとしても、また同じことを
思うんでしょうね(^^;
それよりは、時間を有効活用する方が大切だなあと
あらためて感じました。

>きんちゃん
最近思うんですけど、欲望ってのは膨張こそすれ、縮小はしていかないと思うんですよ。時間ができればできただけ増えるので。
例えば、ソニーのウオークマンとか、日本の軽自動車とかってのは、限られたスペース、限られた予算だからこそ生まれたんだと思うんですよね。制限があるからこその効率化。そんなことを思ったのでした。…時間を有効活用できていない自分への自戒を込めて、ね。

この理論をもっと掘り下げて、ビジネスマン向けの自己啓発の本として書籍化したらどうか、と思いましたよ。
一日が長ければと言うか、明日が来なければいいのに・・と思うことは多々ありますです。(--;

>マツシューさん
ビジネスマン向けの啓発本としてまとめるんだったら、価っ値ゃんの出番ですね。オレっちはあくまで、思い付きをだらだら垂れ流すだけなんで。
明日が来なきゃいいですと? そりゃまたいけませんなあ。オレっちは、気がつくといつも日がまたいでしまってマッスル。
明日も楽しく、やっていこうじゃあ~りませんか。

ひまな時は時間が長く感じるのにね・・・・
人間欲を出したらいけないって事でしょう・・・・何が言いたいねん・・・・・(笑)

 パソコンつながった~~~~~~

>三男坊さん
パソコン復活、おめでとござんす。相変わらずの多忙な生活のようですね。三男坊さんのブログは、いつもほとんど読み逃げですみませぬ。
人間というもの、欲はなくならないものです。欲をなくそうと思うと、今度は「無欲でいたい、無欲でいたい」という欲が頭の中で膨らんでいきマッスル。無欲という欲が支配してくるんです。ヤバいよ、どうしよう。。。。
お互い、不惑を目前に控えてますし、無理しちゃいけんいうことよね。山口に行くときはお気をつけていってらしゃいませませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« エロに隠された秘密とは | トップページ | ワルサー、グロッキー »