無料ブログはココログ

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月28日 (水)

ジコ紹介

先日、コメント欄でちょろっとだけ、オレっちの略歴に触れました。

細かいプライベートな部分は明かしてませんけど、かといって隠しているわけでもないので、少しばかり紹介を。

幼稚園のとき、園内のコンクリートのとこを走っていて、滑って後頭部から血が出ました。

23歳で初めて新車を買ったとき、納車から間もなく、トラックが右前方から急に曲がってきて、バンパーが外れました。

3×歳、仕事で行った隠岐で飲み過ぎ、ホテルの部屋のドアノブで後頭部を打ち、部屋を血みどろにしました…

…って、これは何の告白?

えーっと、これはですね…事故紹介。。。全部実話です。頭、打ち過ぎ!

場が温まったところで(?)、本物の自己紹介を。

18歳まで九州で過ごしました。父が「うちは貧乏だから国立大学に行け」と言ったので、本州の国立大学を選びました。実は、我が実家が大富豪だということを随分と…後になっても、そんな事実はありませんでした。

大学では法律を専攻。ゼミの教授の口癖が「違憲は、いけん」。。。当時は鼻で笑っていたのに、まさかその口癖を自分が喜んで披露する日が来るとは。

就職するとき「大学で学んだことを生かせる仕事をしたい」と思いました。が。大学ではまともに勉強をしていなかったことを4年生になって思い出したのです(←遅っ!)。

…ってなわけで、ダジャレの能力(?)と、出会った人とはすぐに仲良くなる性格を生かせる仕事を探しました。

そして、あっという間に本州生活20年。

家庭向きではないといわれ続けたオレっちは、妻と3人の子どもと一緒に暮らしています。妻に言わせると「自分と子ども4人」と思うこともあるそうで。

オチもないまま、とりとめもなく…

そういえば、カノウ姉妹。マネージャー役の二女がお金を持ち逃げしたんでしたっけ。

お金を取り返すのは可能かどうか。場合によったら、裁判沙汰になるのカモウ。どうかのう。

けど、裁判で負けたら、

ハイソな敗訴。

お後がよろしいようで…


↑お口直しには「山田さんち」がお勧めです。


↑うちの近所の歯科医と内科医は、とーっても仕事が早いんです。歯が痛くても、お腹痛くてもすぐ治っちゃう。さすが、早い、歯や胃。
そんな感じで、クリックよろ(←どんなんや)

2007年2月27日 (火)

急峻

「急峻」と書いてキュウシュン。非常に険しいことって意味だそうです。

いよいよ、プロ野球はオープン戦スタート。

カープも、フェルナンデスのファンなんです、ってな感じで、初戦を迎えました。

オープン戦ってのは、九回まで入れ替わり選手が出て来て、その仕上がり具合を見るのが楽しみなんです。有望選手が増えるなんです。ふぇるなんです、フェルナンデス(←しつこい)

なのに。

記念すべき第一戦は、雨天のため、五回裏途中でコールドゲーム。。。

しかも、カープは打線にいいとこがないままの敗戦。

これぞまさに、

「打てんコールド」…

こんなん試合ばっかりじゃったら、ほんまもんの球春は、

「オープンせん!」

野球ついでに思い出した小ネタ。

戦時中、「須田博」って名選手がいたのをご存じです?

スダヒロシ。

野球通にはおなじみ、日本球界初の300勝投手「ヴィクトル・スタルヒン」の別名。

ロシア革命を機に、日本へ亡命したスタルヒン一家。

安息の地に着いたと思ったもつかの間、日本では鬼畜米英、カタカナ語追放の嵐となりました(←と、物の本に書いてありマッスル)

そんなわけで、スタルヒンも当て字で名前を付けて「須田博」っと。

これも一種のダジャレ、しかもイキな感じの、いかにも居そうな名前ってのがいいですな。


↑お口直しには「山田さんち」がお勧めです。


↑もし、現代のアッチ系の人が漢字を当てたら「微苦取・素樽貧」みたいなトホホな名前になってたかもね、スタルヒン。それはそれとしときましょーよと思ったら。愛のクリックよろ。愛の苦利津句。

2007年2月26日 (月)

粟とリス

昨夜は久しぶり、家族そろっての夕食。

生後7カ月の息子の離乳食は、卵の白身を除いておかゆを和えた物がメインでした。

上の子2人が娘なだけに、息子とオレっちは家族内で2人だけの「男チーム」。

歳は離れてますけど心は童心、まあ言わば、息子とオレっちは少年タイ(…急に九州弁)。

少年隊。。。

食べてる物が白身を除いた「黄身だけに」…

…これでひとネタ終わりですけど、伝わってますかぁ〜?

先日、同僚数人と話をしているとき、「濡れ手にアワの『アワ』を『泡』って勘違いしている人がいそうだよね?」というネタを振ってみたんです。

すると、そこにいた全員が「え? 『泡』じゃないの?」

…え? 逆に少数派になって窮地に追いやられたオレっち、自分が間違ってるのかと不安になったっすよ。

正解はもちろん、五穀のひとつ「粟」。濡れた手で粟を触ると、たくさん付いてくるってのが語源ですな。

すると、それまで「泡」だと思っていたという同僚がひとこと。

「『粟』なんて喜んで食べる人は少ないんだから、『濡れ手に米』にした方が有り難みがあるんじゃない?」

…てなわけで。今度からは「楽して一攫千金」の意味として、

「濡れ手にコメ」を提案しておきマッスル。

それにしても、「濡れ手に泡」って思ってた人。濡れた手で泡を触ると、全てを手に入れるってより、全てが消えてなくなりそうな気がするんですけどね。。。


↑お口直しには「山田さんち」がお勧めです。


↑「粟(あわ)」って字、普段はあんまり使いませんね。土産にもらった「粟おこし」を見て思いっきり「おぉ、クリおこしかぁ!」って言ってる人を見てくすくす笑った経験が…
今日のタイトルは特に意味はありません。「下ネタかっ!?」と勘違いさせられたらおもしろいかなと。騙された人も、そうでない人も、クリックよろ。

2007年2月25日 (日)

コピーあんどドラッグストア

昨日は薄れゆく意識の中、精いっぱいの笑えるネタを書いたつもりでした。

少し横になり、起きてからあらためて読み返してみると…

「オッハーにオファー」ですと???

これで笑えってのが無理な話で。

…笑いは笑いでも、苦笑いでイッパーイになったのでした。

そんな支離滅裂な記事に、温か〜〜いコメントの数々。うらめしや〜…ではなくて、ありがたや〜でありマッスル。

先日、ドンキホーテで買い物しているカップルに会いました。

最初は仲良さそうだったのに、そのうち「こっちがええよ」「いや、こっちの方よ」と口論が始まりました。

逆上した女性、ついにそばにあったガラス製の灰皿を手に取り、彼氏の頭をゴンッ!っと。

大丈夫か? っと声を掛けるより先に、オレっちの頭に浮かんだ言葉は。

…「ドンキで殴る」

あ、実は実話ではありませんので。そこんとこよろしく。4649。


↑お口直しには「山田さんち」のネタがお勧めです。


↑ここ数日、相互訪問ができずにすみません。今日はゆっくり読んで回りたいと思ってます。そんなオレっちに愛のクリックよろ。

2007年2月24日 (土)

グーテンおはよう

俳優というか、声優というか、司会者というか、山寺宏一さん。

ビッグチャンスをつかみそうな、起用の申し入れがありそうです。

このチャンスをもし掴めたならば、必ずこういう見出しが出るはずです。

「ヤマちゃん、オッハーにオファー」

オッハー、オファー……

…それだけですが、何か?

っていうか、昨日の記事のオチ、

「ドラゴン亜種」。

…それを言うならドラゴンアッシュやろ!…って突っ込みを期待してたんですけど…

突っ込みどころか、コメントで触れた人「ゼロ」。

別にぃ〜。突っ込みとか、突っ込みやら、突っ込みなどを…欲してまっす!(キッパリ)

「誰か言うやろ」という発想で誰も触れないってのが一番辛いので。最初に気づいた人がやんわりと「ちゃうで」と言ってくれることが理想です。



↑「そんなんじゃ笑い足りねぇよっ!」って人はクリックよろ。「山田さんち」のほのぼの話題を楽しみましょう。


↑「そんなんじゃ笑い足りねぇよっ!」って思いながらも、「ま、いっか」って応援してくれる人はクリックよろ。
いやぁ〜、40時間起き続けていると、その時に会った異性に求婚したくなる気持ちって分かりますぅ? ま、分からない方が幸せだと思いますが…

2007年2月23日 (金)

コメント魔ニア

日々、たくさんの方々のブログを読ませていただいておりますだおかだ。

時々見かけるのが「ネタがない」という「ネタ」。

オレっちの場合、特に何か強いメッセージがあるわけでもないので、気楽に思ったまま書けばいいわけで。なーんて言い訳で。

悩んでいる方々って大変なのだなあと思うのでありマッスル。

「オレっちみたいに気楽に書けばいいじゃん」とアドバイスでもできればいいんですけど、「こんなくだらないブログと一緒にしないで」と断られるのがオチでしょうな。

自分のブログはだらだら系のくせ、他人のブログのコメント欄には相手が引きそうになるまで長文を書いてしまったりします。

「しまった!他人の家に土足で上がってしまった!」と思っても、あとのカーニバル&フェスティバル。そうこうするうち、祭りも終了、閉店ガラガラっと閉まってシマウマ。

悪気はないんで、オレっちに土足で上がられてしまった方々。オレっちのブログにもどんどん土足で書き込んでくダジャレ。

Sbsh0026_2 昨日、こんな物を食べました。CAVIAR、キャヴィア。

いつもはモドキ品、ランプフィッシュの卵しか食べないので、心モドキどき。

もちろん、自分で買った物ではありマセーヌ。

初めてキャヴィアを食べたという後輩。もぐもぐ口を動かした後、ひとこと。

「こりゃシシャモの腹の中ですね」

…庶民の食卓の王、シシャモが世界三大珍味の仲間入りをした瞬間でした。シシャモ普及協会の本社も、支社もビクーーリ!

昔テレビで見た記憶だと、普段「シシャモ」といって食べている品は北欧から輸入する亜種で、北海道近海の本物のシシャモは高級品なのだそうです(←割と有名ですが、豆知識です)

いつも食べているのは、シシャモの亜種。

では、タツノオトシゴの別名は?

…ドラゴン亜種。

…書きたかっただけです…


↑今日は外から更新してマッスル。いつも訪問しているブログに遊びに行くことができないかもしれませんので、先に謝っちゃオ、ごめんちゃい。

2007年2月22日 (木)

結婚仕様よ

コメント欄にも書いた通り、昨夜はちょっとしたお別れ会がありました。

いったん別れ、すぐに合流する気満々だったんですけど、社会がそれを許してくれず(涙)

日付が変わるころ合流したときには、主役は既に帰った後でした。

…仕方がないので、普段のごとく…

当初の趣旨も忘れて。。。

もし、もっと早く合流できてカラオケに行けたならば、歌いたい曲がいくつかあったんですよ。

「あなたは もう 忘れたかしら♪ 赤い血溜まりが右か左かを♪」

つい誤って口の中に血を流し、右のほっぺが痛いのか、それとも左のほっぺが痛いのか、悩んでいる様子をかぐや姫の名曲で仕上げました。

タイトルは、

「噛んだ側」

もう1曲。

「オレより先に寝てもいい♪ オレより後に起きてもいい♪ 飯はまずくてもいい♪ いつも奇麗でなくていい♪ 出来る範囲で やらなくていいから♪」

結婚のプロポーズをした男が、嫁へビシッ!と物申すはずなのに、やる気のかけらもない感じで歌にしてみました。

そのタイトルは、

「淡白宣言」

ま、こんな感じで、お別れ会でもダジャレ系のカラオケを歌おうと画策するダジャるでした。


↑今日のタイトルは。「ボクの髪が 肩まで伸びて 君と同じになったら♪ 約束通り街の教会で♪ 結婚しようよ♪ …というプランになっております」。と業者から淡々と説明をうけたときの気持ちを代弁したものです。
今日はいつもより高めに投げております…(by染之助染太郎) 空振りするぐらいなら見送っても結構よ。今日もクリックは決行よ。

2007年2月21日 (水)

呉越道州

オレっちの好きなテレビ番組の1つが月曜午後9時、テレビ朝日系「TVタックル」。

時事ネタを面白おかしく討論してます。

「月9」の裏でありながら、長寿番組化しているところをみると、なかなか健闘しているといえるでしょう。

今週は東国原知事もそのまんま登場。地方分権や道州制について語ってました。

…道州制? いまひとつピンときません。

番組でもその辺の温度差について指摘し、資料VTRの後、

「道州制は、どう、修正?」のナレーション。。。

おぉーーっと。視聴者層は、オヤジギャグ好きが多いんでしょうかね。

さらに、悪ノリした出演者。

「道州制とひとことで言っても、自民と民主で描いている像が違うんですよ」

これはまさに、

「道州異夢」なーんてことを言ってました。

あーもー。偉いセンセイまで毒されちゃって。

どうしゅうもないなぁ…

できそこないの創作四字熟語大会みたいになっちゃって。


↑みなさんは「道州制」って興味あります? 今のまんま、地域の実情を考えずに区割りしたら、今日のタイトルみたいになっちゃうよ。危機感を抱いた人は、クリックよろ。

2007年2月20日 (火)

そう政治

アベ政権。その政策はさておき、迷走してますね。ソーリは、苦境から逃げて瞑想したい気分かもしれません。

「後見人」を自認する中川幹事長は「閣僚は首相に『絶対的忠誠』を誓え」と発言しました。

閣議のとき、首相が入室しても「起立」さえしていないじゃないか、と。

これに対し、塩崎官房長官。殊勝さもなく、記者会見でこう答えました。

「閣議は『規律』正しくやっています」と。(←実話です)

キターーーー! 質問をはぐらかして、ダジャレで返すと「ユーモアある政治家」って褒められるんですよね。

うらやまし…いえ、そういう態度はいただけません。

これが許されるんなら、オレっちだってできちゃうよ。

「違憲はいけん。意見は、いいけん」「産む機械より産む機会。産む有無を聞くなんて奇っ怪」

あらゆる質問にまともに答えないカンボー長官。

ちょっと寒くなるとすぐに咳が出る感冒長官だけどね。

Dscn9021_1同僚がドイツ旅行(自費出張?)から帰ってきました。

ドイツといえば、ビール、ジャガイモ、ソーセージ…(うっとり…)

土産にもらったのはサイコロ2つ…ではなく、タバコでした。

オレっち、一応、ドイツ語は読めます。

…意味はよく分かりませんけど。。。

タバコには何やら大きな文字が書いてあります。ドイツ語っぽくない文字です。

「Smoking kills」

…単刀直入にも、ほどがありますね。

「健康に害を及ぼす可能性があるかも」とか「肺ガンの原因になるらしいよ」とか、奥ゆかしい国民性を反映した国のタバコとは全然違います。

「Smoking kills」

…まるで、ヒーロー特撮に出て来る悪の秘密結社に「死ね死ね団」と名付けてしまうぐらいのセンスです。

センスないねえ、じゃ、ウチワを持って来いや。。ってぐらいなもんで。

え? ここに書いてある文字は、笑わすために書いてるネタじゃないの?


↑オレっち、オランダとかスペインとか、ニュージーランドなどあちこち家族旅行に行ってます。国名の後にすべて「村」が付きますけどね。国内だけど、旅の記憶は克明さ。同情するならクリックよろ。

2007年2月19日 (月)

生ビワ、生ビアー

外資ファンドがサッポロビールにTOBを仕掛け、今度はホワイトナイト的にアサヒビールが株の買取を申し出ました。

新聞の見出し的に言うと、

「泡立つビール業界再編論議」

ビール好きのオレっちとしては、口角泡を飛ばして議論しまっすよ。

議論して、議論して、目が回るまでスピンして…

これがホントのビールマンスピン(byエロかっこ悪いオヤジさん)

ちょうど今、テレビではフィギュアスケートが流れてたのでつい。。。

サッポロビールって、本業より「恵比寿ガーデンプレイス」等の不動産収入が遥かに多いそうな。

業界では「サッポロビール」ならぬ「サッポロビル」と揶揄されていたのは有名な話だそうで。

…むむぅ、オレっちが考えるダジャレよりウマいじゃん!

車中でラジオを聴いていたら「カン・チンファ」小特集をやってました。

流れてくる曲は懐かしのJ-POP、いえ80年代当時は「歌謡曲」。

そう、実はオレっち「康珍化」を「カン・チンファ」って読むとは、つい昨日まで知りませんでした。

オレっちのカラオケのレパートリー「タッチ」「全部だきしめて」「ふたりの夏物語」「ミ・アモーレ」などなど作詞した人。

やたら名前を見るけど、これまで勝手に「やす・ちんか」って読み続けてました。

ちょっと前まで「キムデジュン事件」を「キンダイチュウ事件」と読んでいた人がイル、ぼぬ。

最近の韓流ブームってのは、漢字の韓国読みを何となく理解させてくれていい感じ。

ビートルズもストーンズもいいけれど、

やっぱ、日本人なら日本語の歌を歌わんとアカン、ちんふぁ。


↑「今日は切れがないぞ」という批判は受け付けません。元々、オレっちの切れ味はこの程度のものです。あぁそうだったかも、って人は愛のクリックよろ。

2007年2月18日 (日)

我慢せずに行っトイレ

070216a_1昨日、じゃなくて日付が変わったので一昨日、パソコンの開腹手術をしておりました。

Apple社のCM的には「パソコンさん」ではなく「マックさん」の方ですけど。

ロジックボードとHDD、光学ドライブをごっそり移植。

写真左端は開腹シーン、右端は必要臓器をごっそり取り外したところ。070216b

オレっち、「パソコンはちょっとしたネットとメールだけでいいや」って人に、iMacを勧める「iMac CRT普及活用委員会」活動をしております。

壊れたiMacも、開腹して部品を交換すれば、すぐ回復。擬人化して書いてるから、快復って言ってもいいかな。

初代iBook、シェルiBookだったら、貝吹く、っと。

…冒頭からマニアックですみません。

昨日は、少しばかり家族で買い物に行きました。

トイレに行こうとして、そこにある文字を見たとき、少年時代にビクビクしていたことを思い出しました。

そこにあった文字は、

「紳士用」

…きっと、タキシードに蝶ネクタイ、そして山高帽の紳士じゃないと入ってはいけない。

なのに、Tシャツと半ズボン、それに野球帽の「非紳士」が入ってもいいのだろうか…

子ども心にそんなことを思ったものです。。。

オレっちと同じ悩みを少年たちに持たせないよう、トイレには「男」「女」とだけ書いて欲しいと思うのでした。


↑女子用の「婦人用」の文字も、「既婚女性しか使ってはいけない」って思ってました。それは「夫人」だってば。気が向いたら、クリックよろ。ただいま、混雑中のようですけど。。。

2007年2月17日 (土)

ドクトル・チエコー

やや旧聞になりますが、昨年、嫁が熱心に見ていたドラマのひとつ、「Dr.コトー診療所」。

モデルとなった島は、実は嫁の実家から近いところだったりします。

…ってなわけで、今日は「ドクター・コトー」でひとり連想ゲ〜ム〜〜♪

「ドクター近藤」(フツーに、近所の近藤医院の先生です)

「ドクター強盗」(究極の二足のわらじ)

「ドクター、今度」(セクハラを受けた看護師がやんわりとドクターをたしなめました)

「徳田ここー」(腎移植でおなじみ、医療法人徳洲会。開設者である徳田虎雄さんを探している人に教えてあげましょう)

いまひとつな終わりですけど、まあこんな感じで緩〜くやってます。


↑オレっちは医者ではないけど、昨夜はとあるものの開腹手術をしてました。詳細は後日。古い物を修理するってのは、新たな物を買うよりいいね。やっぱ「得だー・ってことー」。

2007年2月16日 (金)

そのまんまダンカン

宮崎県の東国原知事が就任して3週間。今週からはマスコミで名前を報じるとき(そのまんま東)という注釈がなくなりましたが、テレビ出演依頼はまだまだ減らないようです。

昨日は宮崎県議会開会。なんと、地元では県議会が生中継され、県民のかなり多くが発言に注目していたのだとか。

まさに、名実ともに「そのまんま東」ではなく「東国原知事」として見られているということなのしょう。

東といえば、たけし軍団。

このブログでは「男子液出ん」とか「談志師匠の物まね」とか書きましたけど、軍団のひとり、ダンカンが談志師匠の弟子だったってのは、知られた事実なのかな?

「立川談かん」の芸名が、そのまんま「ダンカン」。

ダンカンなのに、そのまんま。

これでオチですけど、何か?

話変わるけど、今度東京に遊びに行きたいなあと思ってるんですけど、悩んでいるのがはとバスツアー。

オレっち、猛スピードで走る車に乗るのって苦手なんです。

はとバスってスピード出すんでしょ?

はとバスは飛ばす…はとバス、は飛ばす…はとバス、はとばす…

そういえば、オレっちガラスの十代のころ、「眠らない街東京」って言葉を信じ切っていました。

初めて行った東京で唖然。

深夜に電車は走ってないし、商店街はフツーに閉店してるじゃん…

巨悪も東京も意外と眠る。これホント。


↑オレっちはブログを更新したら眠るけど、起きてこれを読んでる人はクリックよろ。喜びマッスル。

2007年2月15日 (木)

仲本こっち、鼻血ブー

いやぁー、昨日のバレンタイデー。びっくりするほどたくさんのチョコレートをありがとうございました。

まさか、朝昼晩の食事がカカオ三昧になるなんて、予想だにすらさえしのみばかりなどまで思いませんでした。

…っと、寝言はこの程度にしといて(自分で書きながら苦笑…)。。。

「鼻血が出るほどチョコレート」という慣用句(?)がありますが、チョコレートを食べると鼻血が出るという科学的根拠を知りたいダジャるでありました。

受験生の皆様にはバレンタインも素通りかも。バレンたいっ!(九州限定)という気分でカンニングの誘惑に負けないでください。

世の中、受験シーズン、特に私立大学はピークなのではないでしょうか。

オレっち、大学名に詳しくないんですけど、むかーしから気になっている大学が2つあります。

「甲子園大学」

「花園大学」

学部の構成を見るとスポーツ選手を育成しているわけではなさそうですが、球児とラガーメンを勝手に想像してしまいます。

これに準じると、国立競技場を目指したサッカー少年はどの大学を目指すべきなのでしょうか。

オレっち、考えました。

「国立音楽大学」

私立なのに国立(←クニタチですって)。サッカー選手はゴールを決めた後にダンスするのが必須ですから、意外と良い組み合わせなのかもと勝手に思い、ご満悦のオレっちなのでした。


↑今日のタイトルの解説。ドリフのメンバーがセクシーシーンを覗き見しようとし、決定的瞬間を見た高木君が、隣にいた仲本君に思わず口走ったシーンをご想像ください。…想像が済みましたら、クリックよろ。

2007年2月14日 (水)

反対の反対はヘンタイ?

パッと見ると、読み飛ばしてしまうシリーズ!

バカボンのパパが言いました。

「賛成の賛成は、反対なぁ〜のだぁ〜」

…いやいや、賛成の賛成は、やっぱ賛成ですね。

ビール5社が販売拡大のため、5月下旬に名前をつけることになりました。その名も、

「ビールデンウィーク」(←事実です)

キターーーー、ダジャレでのイベント名決定!

ゴールデンウィークと掛けたのでしょうけど、でしょうけど。

夏場のビアガーデンは賑わいますが、オープン直後の5月下旬は売れ行きが伸び悩むんですよね。

このキャンペーンが功を奏すればいいですけど、うまくいかなければ、

「ビール出んウィーク」

って言われちゃいますね。

オレっち、焼酎も好きだけど、ビールも大好きです。

飲み過ぎだけは注意をせねば。


↑昨日はライブの後に飲んだ焼酎がウマかったなぁ…。しょっちゅう飲んでる焼酎。焼酎が好きな人も、そうでない人も、暑中はビールだという人も、気が向いたらクリックよろ。

2007年2月13日 (火)

広島六区

Sbsh0024まーた、政治の硬い話かよっ!と思った方、今日は違いますよ。

昨夜、広島市内某所でシークレットライブを開きました(写真みたいな感じ)

一般の人に見せられるレベルじゃないから、シークレットなんですけどね。

曲間のMCで、これまでやったことのない立川談志師匠の物マネ風に、ネタをやってみました。

「あのぉ〜、最近の若いやつは何でもかんでもライブなんて言いやがる。寄席のことまでライブなんていう。寄席をライブっていうのはよせ」

…ややウケでした。

続けて「最近の若いやつは、笑うところも分かっちゃいねえ」

…もう少しだけウケました。

演奏の方は…もっと練習を積みます。MCにも磨きをかけないと…


本日は、まだみなさんのところを訪問できずにごめんなさい。。。

2007年2月12日 (月)

不惑へカウントダウンTV

まずは最初に宣伝、というか告知。

当ブログにもコメントくださっている「なほ」さんのブログ「山田さんち」 を応援しています。

テーマ曲は「やま〜ださんち♪」(やま〜だ○んき♪のメロディーで)

この曲、CMに出演していた「さま〜ず」作曲だそうです(まめ知識だよっ!)

世界一をめざす「山田さんち」は、そのうちマンガが英訳される予定があるとか、ないとか。

一日一膳、栄養失調…ではなくて、一日一クリックしてみましょう。

いつまでも自分のことを若いと思っていましたが、同世代のプロスポーツ選手って「ベテラン」と呼ばれる域なんですよね。

野球だと佐々岡投手、金本選手、サッカーだとカズとかゴン(同級生ではないけど)

カズはああ見えて、かなり文才もあるそうで、そのうち小説を発表しますよ。

そうなれば、名実ともに

「作家ー選手」

今日は朝から「朝ズバッ!」なんて番組を見ておりました。

みのもんたさんがパロマの湯沸かし器事故について語ってます。

「湯沸かし器には換気が必要なんだよ、換気だよ。これを喚起しなきゃ」

オヤジギャグ炸裂…。しかも、周囲にスルーされている…

他人とは思えないのでした(←他人です)


↑気が向いたら、オレっちの方のクリックもよろ。歓喜します。

2007年2月11日 (日)

巨人 逮捕 卵焼き

コメントも、管理画面も重い状態が続き、引き続きご迷惑をお掛けしております。

空を見上げながら「愛してるぞ、ココログ、ゴルァ!!」と言いたい。

優しく威嚇っと。顔の角度は、いい角度。

そんな中にも、訪問してくださる方。オレっちから、重い思い。みなさんに贈ります。おー、もぅいい、なんて言わないで。

・・・

強盗致傷で容疑者を逮捕したら、過去に5億円の強盗容疑で時効になっていた人だったんですと。

5億円盗んで、お咎めなしってこと?

実際には強盗が時効でも、民事で返還訴訟起こされるんでしょうけどね。

長崎県には、逃げ切った元強盗犯がいっぱーい。

その名もゴートー列島…(←特定の地区を誹謗するものではありません)

・・・

ニュースで「ゴニン逮捕」と聞くたび、「どっちの?」と思います。

場合によっては「ゴニン逮捕で6人逮捕」なんてニュースもあるんだもん。

「誤認」と「5人」。

イントネーションで区別する方法でもあればいいんですけどね。


↑さあ、今日は日曜日。カレンダーが赤いこととがイクォール休日につながらないオレっちに、愛のクリックをよろ。

2007年2月10日 (土)

立場はアルかナイか

またもや昨日、コメント欄の不具合が出てしまいました。

冬の味覚で「フグはいい!」けど、「不具合ぃ」は煮ても焼いても食えませぬ。

こんなことが続くなら、いつか、ココログ、ぶっ飛ばすっ、チュ(はーと)

せっかくオレっちのブログにコメントでも書いてやろうと思われた方々、ご迷惑をお掛けしました。ぺこり。。。

オレっち、仕事からの帰宅が深夜か未明になることが多いんです。

世の中の軽い流れぐらい知っておきたいので、ニュース番組を録画し、帰宅してから見てます(ニュースを録画して見るやつってあんまりいないよね^^;)

昨夜の「報道ステーション」のゲストコメンテイターは、橘木センセー。

一生懸命、コメントしているんだけど、気になって気になって、仕方がないことがありました。

古舘さんが「どうでしょうか、タチバナキ先生!」ってコメントを求めるたび、「立場のあるセンセーがタチバナキって言われてるよ、うふっ」って笑ってしまうんです。

てなわけで、センセーのコメントはほとんど頭に残っていないのでした。


↑オレっちの立場がなくなっちゃ嫌なので、温かい心をお持ちの方、クリックよろ。クリックがないからといって、オレっちの立場が失われるわけではありませんが…

2007年2月 9日 (金)

愛Podが壊れたら

「壊れたテープレコーダー」って表現がありますけど、実際にテープレコーダーが壊れ、同じとこばかりを再生しているのを見たことはありません。

次から「壊れたテープレコーダー」って比喩は、無口な人を表す言葉として提案したいと思います。いかがでしょう。

「壊れた…」ごとく、しゃべっていたのか記憶が定かではありませんが、昨日の記事で書いた通り、前夜は「飲み」に出ておりました。

仕事後に同僚と「軽く行くか」ってのはしばしば、バシバシあるんですけど、事前に時間を決め、会社関係以外の人と待ち合わせをして飲みに行くのは久しぶり。

しかーも今回はマンツーマン、男と男、トンツートンのモールス信号よろしく一対一の魂の激突であります。緊張です。

オレっち、入念にシミュレーションして、作戦を練っておりました。

まずビールは一杯。2杯目から焼酎湯割りに移り、最後はストレートでどうだ!(←そっちの作戦かい^^;)

…てなわけで、ほろ酔いで帰宅。オープンカー好きなオレっちは、いっつも幌良い(飲んだら乗るなは守りましょう)

飲んだ相手はというと…。

「広島ブログ」の方々の中でたぶん唯一、事前に会ったことがある方ひとり。

広ーーいカテゴリーでいうと、「オフ会」といえなくもありません。

さーて、誰ーだ?


↑気になる人は、ここをクリックして、広島ブログのメンバーを順番に調べてみるぅ? 最近のオレっち、仕事は実務面を進めたいのに、会議ばっかりが開かれているので、「会合生活」に陥っておりマッスル。

2007年2月 8日 (木)

愛 ぉん チュー

今日はいつも以上に飲んだので、軽〜いネタをひとつだけ。

1960年代の古い都市ガスの配管の名前ってご存じです?

「ねずみ鋳鉄管」というのだそうです(←これは事実です)

ネズミだけに、チュー鉄管。

それだけです。

え? それだけかって? 

ええ、それだけでチュー。


↑ツーといえば、チュー。愛する人がいる人は、熱いチューをしながらクリックよろ。

2007年2月 7日 (水)

耐用に対応して他意を

例年、立春後には寒波がやってくることが多く、「暦の上では春なのに(by柏原芳恵)」ってのが常套句になっていたはずのなのに…今年は、名実ともに春が来たみたいです。

ほんっと、昨日は温かい一日でした。オレっち、砂浜に行って「きゃはっ」と笑い合いながら、海水を掛け合いましたもん。

…心の中だけで。

春が来ると、サラリーマンの中にはサワリーマンに変身する人がいるので、女性の方々はご注意くださいませ。

サラリーマンといえば、昨日のサラリーマン川柳。

ネタの薄さをごまかすために抜粋したんですけど、みなさんノリノリでコメントくださいました。「いい意味で期待を裏切られた」ってのは、こういう状態を差すのに違いありません。

オレっち、川柳なんて作ったことないのに、無謀にもレスコメントを五七五で返したりしてしまいました。

「あの返信は良かったよ」とか「返信がおもしろかったね」とか、果ては「ダジャるって最高!」とか、率直な意見をお寄せください(←って、例題が全部褒めてるよ、という突っ込みは無しの方向で)

そういえば、内気で奥ゆかしいアジアの国、フィリピン。首脳会議への出席をいち早く表明した日本に対して感謝の気持ちを述べたそうです。

シャイなフィリピンが謝意。シャイな人にスイッチが入って急に明るくなったら、シャイにオンでシャイニオン! 

気分が乗ってきたので(byだいたひかる)、明るい歌を歌います。ユーアー・マイ・サンシャイン♪

けど、タラちゃんがが歌うと、ユー・アー・まい・3歳(さんしゃい)でしゅ。

ゴリ押しネタで、ゴリとラー。まあ、そういう感じでやってます。


↑タイトルからハチャメチャ。このブログは常に、酔った勢い、もしくは寝不足のナチュラルハイ状態で更新を続けてます。オレっちが足跡を残しているブログを網羅しているので、気が向いた方はクリックよろ。

2007年2月 6日 (火)

575事件

そーいえば、初心忘れてました^^;

地元・広島を笑い飛ばそうと思い「広島をダジャる」ってタイトルにしたのに、第1回の「バッケン・モーツァルト」以来、ほとんど地元ネタがありません。

自分に課した「オレっち憲法」に違反します。これは違憲、違憲はいけん。

てなわけで。思い出したように広島知事後援会の政治資金不正問題から。疑惑のある現職県議の実名閲覧をできるよう、県議会が再請求しました。

県議の嫌疑、晴らすべく建議を。

何だか不発気味ですが、ひとネタ目はこれにて終了。。

そういえば昨日、サラリーマン川柳100選が発表されました。

キターーー。「価値組思考」の価っ値ゃんの出番ですやん。

てなわけで、ダジャレ系のお気に入り川柳をいくつか抜粋。カッコ内はオレっちの感想。とりあえず、感想も五七五もしくは七七になってます。

「新機種に 右脳左脳も 右往左往」
(新機種を しよう買おうと 友に言お=五七五で、ゲーム機の話です)

「脳トレを やるなら先に 脂肪トレ」
(トレば分かるさ トレたら行けよ=下の句七七をアントニオさん風にダァー!)

「妻タンゴ 息子はスノボ 俺メタボ」
(政治家を 見習い私腹 肥やすオレ=メタボと私腹を掛けてますよ〜)

「ジーコ去り ご苦労様と オシム声」
(ベタだけど オレの思考と ドンピシャリ=ひねりはありませんが五七五の返しで)


↑できそこないの「ボクの細道」風で終わっちゃいました。それでも許してくれる方は、クリックよろ。

2007年2月 5日 (月)

北京五輪ピック

誰にでも何かの特技はあるもので。オレっちの特技(というほどでもないけど)は、焼きもち、物持ち、あんころ餅。

古い物を捨てずに使い続ける癖は、母親譲りです。

Dscn9007

いよいよ来年は北京オリンピック。オリンピックを「五輪」と表記するようになったのは、1964年の東京オリンピックのころからだそうです。

五輪の書とオリンピックの音が似ている、つまーり、発想はダジャレと同じなんですね。

あれから43年。当時のゆかりの品があるかなあと実家の中を探してみると…

見つかったのはバスタオル(写真参照、クリックすると大きくなるよ)

姉が生まれた年に買ったというバスタオルは、今も健在なのでした。

「鑑定団」に出てくる品を見ていると、「あれ? これ持ってるわ」ということが芝々、しばしば。

押し入れのガラクタの山は、いつか宝の山になるかもね、アルカポネ。


↑自分も古いお宝を探してみようと思ったら、クリックよろ。

2007年2月 4日 (日)

華麗なるニオい

「加齢臭」と聞くと、エスニックな気分になります。 と書いてダジャるです。

(敬愛するブログ「イナゲ」のなん吉さんの言い回しを拝借しました。ごめんなさい)

昨日、どこだったか忘れたけど、蘭の花でパンダの形を作っている写真を見ました。

蘭の花だけに、これってランラン?

ひょっとしたら「勝手にアタシを花絵にしないでよっ!」と天国からカンカンだったり。

あ、また、場を冷めさせてしまいました。ホヮンホヮ〜〜〜ン(←力が抜ける時の音です)

若い子には「???」なネタ。コメント蘭、いや、コメント欄での反応はいかに!

分からない人は歳が「上の」人に尋ねてくダジャレ。

オレっちには姉と妹がいます。女性に挟まれ、サンドイッチマン。

姉はイラちのオレっちと違い、いつも自然体。きょうだいながら羨ましい。

オレのねーちゃんは、いっつもネーチャー。

オレっちはそのうち、アートネイチャー…


自然に生きてるって分かるなんて、なんて不自然なんだろう(by吉田拓郎)。だからオレっちは、不自然に生きてるってことを自然に自覚できればいいなあと思うのでした。
↑なんだかよく分からないけど、地球に優しいブログなんで、暇があればクリックよろ。

2007年2月 3日 (土)

コーラック日和

昨日は雪。寒くなりまスノウ。

読んでくださる皆さんの心を温めるギャグを披露したいのは山々、川々。山川さんはモンキッキーと結婚会見をしてました(注:この記事のことです

山川恵里佳ファンにとっては、無念でござる心境でしょう。

そういえば、五輪野球の日本代表監督に星野仙一さんが選ばれました。

監督というのが胃が痛くなる仕事のようで、星野さんは中日監督時代「センイチさんのセンロック」ってキャッチコピーで胃薬のCMに出ていましたね。

監督と違い、コーチ業というのは、便秘が職業病なのだそうです。

星野ジャパンを支える右大臣、左大臣のコーチは田淵幸一さんと山本浩二さん。

2人とも、便秘薬は手放せないのだとか。

だって、

「コーイチさんのコーラック」&「コージさんのコーラック」って、語呂がいいんですもん。

けど、日本打線にだけは、フン詰まりにならないよう期待したいものです。

オレっち、占いってものに興味がないので、星座があまり分かりません。

「アタシぃ、オヒツジ座なんだけどぉ、君との相性チョーよくなくない?」

などと言われても(言われたことはありませんが)、何のことだかサパーリです。

そもそも「オヒツジ座」の「オ」って何だ? 丁寧語の「御」なのかい?

けど、もし丁寧語だったら、魚座は「オウオ座」じゃないと不公平だし。

「オウオ」って、口に出すと言いにくいね。言ってるうちに口にホコリが入ってきそう。まさに、口にダスト言いにくい。。。

オウシ、オヒツジの「オ」が、♂の「牡」だってのを調べて、ようやく喉の奥に刺さったような骨が取り除けましたとさ。


↑中学時代、悪さをすると当時のセンセーは、すぐ「正座!」って怒ってました。星座は知らなくとも、正座はよく知ってますよ〜。気が向いたら、クリックよろ。

2007年2月 2日 (金)

おもろないって…ドイツだ?

ダジャラーのオレっちは、他人のブログへのコメントもダジャったりします。

ほとんどの場合、困惑気味のレスが返ってくるんですが(要反省)、「ひろしまドリーミーわくわくトピックス」 のマツシューさんは、ガンバッテ(?)ダジャ返しをしてくれます。

1月最後、31日のマツシューさんの記事はドイツ、都々逸、ビールネタ。

オレっち、いい気になってドイツネタでコメントしちゃいました。

以下、加筆しつつ、オレっちのコメントを再掲(←手抜きだぁ!って言ったのはドイツだ?)

手塚治虫原作の「アドルフに告ぐ」は名作マンガですね。

(オレっち、ハードカバー版まで買っちゃってます)

主人公(狂言回し)である峠草平はビールが好きで、酔うとすぐに義理の息子、アドルフ・カウフマンに瓶ビールを勧めたらしいですよ。

これがホントの「アドルフに注ぐ」

いい気になってもうひとネタ。

マナカナ姉妹と一緒にビールを飲むと楽しいらしい。

やっぱビールには双生児、っと。

ビールの後にはチチヤスヨーグル、っと(←CMを覚えている人、少ないのかなあ?)

広島のトピックを紹介するはずのマツシューさんのブログが、少しずつお笑い系に変貌しつつあると思うのは気のせいでしょうか?(誰のせいでしょう??)

笑いには笑いで返しつつ、はにかんだ感じのマツシューさんの言葉選びが、大好きなオレっちなのでした。


↑ドイツ嫌いの人もイタリーするかも? けど、コリアって怒るのは簡単、人生は笑っとカナ、ダ。1、2、3、4、5回とほかのブログでクリックして「次はモ、ロッコだ」って人も、クリックよろ。

2007年2月 1日 (木)

今週、妻が…恋…

また新たに、ネット掲示板を原作とするリアルラブストーリーが生まれました。

主演はユースケ・サンタマリア。妻はアパレルメーカー勤務。

妻のメールをチェックした結果、今週のうちに新たな展開になることが分かりました。

スーツも、コートも新調し、上機嫌の妻。泊まりがけで出掛けて浮気する気マンマンです。

ドラマのタイトルはずばり、

「今週、妻が上着を着ます」(←やや予定調和か?)

やはり妻は大切にしなきゃ。妻に恋すると書いて「つま恋」。

ヤマハのポプコンに熱狂していた者にとっては聖地であります。聖地整頓。

実はオレっち、若いころから音楽をやっておりました。

今も細々と、バンド活動のまねごとみたいなことを続けています。

作詞・作曲をした曲もあるんですけど、今聞いてみるとかなりヒドい!

10年以上前、オウム事件が世間を騒がせているころに作ったラブソングの歌詞。

「ああいう、そういう、こういう、ジョウユウ、アイラヴュ〜♪」

当時のオレっち的には「韻を踏んでるし、時事ネタも取り込んでる」とご満悦だったんだけど、ダジャレにもなってませんな(苦笑)

今は自作曲を人前で披露することは慎み、曲と曲の間のMCでさむ〜いダジャレをしゃべって、客をドン引きさせるのが快感になっているのでした。


↑今年は暖冬なので、ギャグは寒い方が地球に優しいぞ、と思う温かい気持ちをお持ちの方はクリックよろ。オレっちの寒いギャグの方が、愛よりもたくさん地球を救う?

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »